メニュー 閉じる

私の内なる男性性と女性性

私の内なる男性性は、

自分のことを真剣に思ってくれている相手に対して、

ぞんざいな扱いは絶対にしない。

 

相手の思いに応えられないとしたら、尚更、

その誠意を無下に扱うことはしない。

 

曖昧な態度で妙に期待を持たせて、

相手の時間を自分で止めるようなことはしない。

 

例えその好意が嬉しかったとしても、

嬉しいからこそ、

「嬉しい」と感じる素敵な相手だからこそ、

キッパリと断る。

 

キープしておきたかったり、

もったいないなという気持ちがあったり、

断るのが辛かったりしたとしても、

「今」無いなら無いと伝える。

 

例え伝えられるタイミングじゃなかったとしても、

「あなたが好きだ」という相手の前で、

その人が悲しい気持ちになるような言動はしない。

 

相手の気持ちを汲む。

 

自分を正当化しない。

悪者になる。

 

めっちゃ強いし、

めっちゃ優しいし、

めっちゃ大事にしてくれる。

 

 

私の内なる女性性は、

「大勢の中の一人」には絶対にならない。

「女A」には絶対ならない。

例え好きだったとしても、自分をぞんざいに扱うなら、離れる。

私と同じくらいか、私以上に、

私をたった一人の、唯一無二の女性として大切にしてくれる人を、

パートナーとして選ぶ。

 

 

男性性優秀すぎて、誰もついて来れない辛い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。